アライオロス刺繍図案 Clássicos de Arraiolos No.111
60825712047a9d28ad67cae3 60825712047a9d28ad67cae3 60825712047a9d28ad67cae3 60825712047a9d28ad67cae3 60825712047a9d28ad67cae3 60825712047a9d28ad67cae3 60825712047a9d28ad67cae3

アライオロス刺繍図案 Clássicos de Arraiolos No.111

¥1,650 税込

送料についてはこちら

ポルトガル語/A4サイズ/10ページ/ラグや壁掛け4点の作品写真と折り込み図案/2011年刊/新品(現在は廃刊になりました)/新品ですが、ページの角に折れ、裏表紙に大きな折れがあります。 ◆愛らしい花やリボンの伝統的なデザインです。 ※ポストに投函のクリックポストでお届けします。 ◆アライオロス刺繍◆ 日本では、アライオロス刺繍、アライオロスの絨毯刺繍、アラヨロス刺繍、ポルトガル刺繍などの名称で呼ばれます。 この刺繍の歴史は、15世紀末にモロッコ式の絨毯刺繍が作られたのが始まりだといいます。初期の頃はイスラムに影響を受けた幾何学模様の連続パターンが作られましたが、17世紀にはインドやペルシャの影響を受けた動物やメダリオンの柄が主流となります。18世紀になると、花瓶に生けた花や、民族衣装を着た人物像なども描かれるようになります。1755年のリスボン大地震の後ではアズレージョ(タイル)柄のデザインが流行したり、19世紀~20世紀の間にはイギリス風の花柄も人気を集めました。